スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モツ鍋

ちょっと前になっちゃったけど木曜日に、ボーカルスクールの仲良し組、ゆーさんたちと、仲間の1人のお友達が店長さんという、赤坂のモツ鍋屋さんに行ってきました~
お友達ということで、メニューも見ずにお勧め料理が出てくる出てくるレバ刺し・レバカツ・メンチカツ・ホルモンの酢漬け(で、合ってるかな?)・明太ポテトサラダ・明太子入り玉子焼き。「STOPもう食べれないッス~」って皆で言い出すまで、ノンストップで出てきました店長さんのお心遣いに大感謝そして、どれも美味しいっいさなは、レバ刺しと、玉子焼きが好きだったなぁそして、メインのモツ鍋登場20090321210458.jpg
店長さんお勧めの塩味で頂きましたこれも、ドッサリな量ピリッと辛くて、モツもゴロゴロ入ってて、とっても美味し~野菜もモリモリ入ってるからヘルシーですよね汁が美味しくて、お腹がいっぱいになっても、汁だけ飲んじゃったりしてました本当は、シメにおじやにするらしいのですが、既にお腹が120%満たされてしまったので、今回は食べれず次回はぜひ頂きたいなぁ・・。
最後は店長さんのご好意で、ジャンボサイズのデザート
20090321210455.jpg
真っ白なカキ氷の登場~練乳がたっぷりで、おいちぃ~でもね・・・残念ながら、ジャンボな量と寒さに負けて途中で断念店長さん、ごめんなさ~い
このグルメの会、1ヶ月ぶりだったので、みんな話題もいっぱいで、おしゃべりも弾みました~やっぱり、先週の社員旅行はキツかったなぁと実感こうやって、大好きな仲間達といっぱい笑って、いっぱいおしゃべりして、美味しいものを食べて美味しいお酒を飲むのって、本当に幸せっ時間もあっと言う間に過ぎちゃいました帰りは楽しい気分のまま、1駅分みんなでワイワイ歩いちゃいました
あれ最近、グルメブログになりつつあるしかも最後の文章がいつも一緒かもな~んて気づいちゃったけどやっぱり、こういう時間は大好きって思っちゃう、いさななのでした
スポンサーサイト

社員旅行

13日の夜から14日にかけて、全体会議という名の社員旅行がありました場所は、愛知県の内海。
もうね・・・行きたくなくて新幹線が悪天候とかで止まってくれればいいのにって思ったくらい。だって、会議って言っても、いさなは直接関係ない話で退屈だし、なんと言っても、電話では話たことあるくらいの人たちと、お布団並べて一晩過ごすなんて内弁慶のいさなにとっては、地獄のような時間・・・。しかも、金曜日ということもあり、通常業務を行ってから参加だったので、会場に着いた時は宴会時間。いきなり「はじめまして、じゃ、飲みましょう」って・・・ねぇ
そうは言ってもお仕事なので踏ん張りましたでも、いさなの願いが中途半端に届いたみたいで、名古屋から在来線に乗り換えたら、人身事故で電車がストップ慣れない土地で足止めくらうのって、面食らっちゃいますよね仕方なく、タクシーで会場の旅館へ。1時間も高速をぶっ飛ばしてもらって無事に到着。
着いた途端に宴会がスタート他の方々は、朝から会議をして自己紹介も済ませたらしいのですが、いさな全然、知らない顔だらけ人数も結構いたから、すでにアウェー感満載周りの方々は、お酌に回ったり、お話に行ったりしてたけど、友達と2人で、その場から動かず、ひたすら飲みまくってましたなんだか、お偉い方々にも注いで頂いてしまって、ちょっと恐縮したけど最後の方では、お銚子がゴロゴロいっぱい転がってました~なんか仙台旅行の悪夢再びって感じで、やっぱり、また途中で記憶を無くしたりしてるけど(笑)本社の人に「飲んでも全然変わってないね」って言われたので、大丈夫だったんだと言うことにしよう
次の日は、朝日を見ようと早起きして温泉へでも残念ながら曇りでまったくお日様見えず海真ん前の旅館だったからロケーションはバッチリだったんですけど
そして、8時から打ち合わせ。でも、バックレちゃおうって思って知らんぷりして、お部屋でまったりしてたらケイタイに呼び出しが朝からローテンションしかも、参加して意味のある打ち合わせならいいんだけど・・・全然、参加しなくてもいいじゃんかぁていう内容で睡魔だけが増して、そのまま2日目の会議がスタート。睡魔との闘いでした昼食をはさんで午後3時までの長丁場ひたすら時間が過ぎるのを待つばかり・・・。時間ってこんなに進むの遅いっけって何度思ったか
予定を30分押して、無事に会議終了踏ん張って乗り越えた会議のあと、旅館を出たらお日様が顔を出してたのいさなの気持ちのように、晴れ渡ってキラキラした海が広がっておりました
20090315204736.jpg
愛知には何度も足を運んでるけど、愛知で海を見たのは初めてでしたちょっと前に、波もなく穏やかな松島の海を見たからか、ちょっと荒荒しいイメージかな。でも、思ったよりキレイでビックリやっぱり、いさなは海好きですどこまでも広くてキレイで空と仲良しで・・・。戦場宴会と会議で荒んだいさなの心を、あっと言う間に癒してくれました
そして、さらに行きには見えなかった富士山が新幹線から見えたんです

20090315204734.jpg

やっぱり、日本一の山この雄大さは素晴らしいですきっと、踏ん張ったいさなにご褒美をくれたんですね
旅行といえど、先日行った仙台旅行とは大違いだった今回の旅行。食べ物も河豚や伊勢海老とか出て豪華だったんだけど、気持ちで全然美味しさも違うんですね。
働くのって大変だなぁと改めて思う、いさななのでした

仙台旅行記

2月20日~22日の3日間、友達と仙台・松島・塩釜へ旅行に行って来ました~去年の秋、会社の後輩が仙台へ移り住んだので、会社の友達と後輩ちゃんへ会いに行ったのです
なんと、仙台と塩釜は、いさなのルーツの街。いさなパパが塩釜出身、いさなママが仙台市内出身で、今も多くの親戚が仙台・塩釜・松島にいるし、いさなのおじいちゃん、おばあちゃんも眠ってる。とても身近な街なのです
その大好きな街の旅行を去年の暮れあたりから計画を立て、ウキウキわくわくガイドブックも買って、友達と仕事中に妄想しまくってニヤけたり、行く前から盛り上がりまくり、ついに出発・・・が、しかし。ゆる~い2人なので、出発からグダグダで(笑)後輩ちゃんへの手土産を購入するのに、思わぬ行列に巻き込まれ、乗る新幹線に間に合いそうもなくなり、早くも諦めムードで1本遅い新幹線で行こうとなり・・・でも、奇跡的に予定の新幹線に無事乗ることが出来ました幸先いい感じビールを飲みながら、途中で雪景色へと変わっていく車窓を大興奮で眺めていたら、あっと言う間に仙台到着後輩ちゃんとの待ち合わせまで時間があったので、本日の目標だった、塩竃にある日本酒「浦霞」の蔵へ行きましたここに行くまでも、仙台→松島の切符で途中下車がNGなのに塩竃に途中下車して駅員さんにゴメンナサイしたり酒蔵の一番近い駅とは反対側の駅に着くいてしまったりと、ゆるい感じだったのでけど、無事に酒蔵へ到着そこでしか手に入らない「生絞り浦霞」を購入しましたぁ20090302225042.jpg
その後、後輩ちゃんと合流して、1日目は後輩ちゃんのお家へ泊めてもらうことに早い時間から酒盛りタイムがスタート塩釜で買った「生絞り浦霞」を1本目に、一の蔵、八海山と日本酒を飲み、友達が漬けた梅酒、それも飲み干して、友達のおばあちゃんが漬けた梅酒を飲んでとにかく笑って、メチャクチャしゃべって大騒ぎして、気づいた時には夜中で、みんな出来上がってました(笑)そんな状態でお風呂に入ってしまい、いさなはお風呂に浸かったまま眠っちゃって、友達2人が心配して突撃してくる騒ぎに
明けて2日目は、前日の日本酒が尾を引き午前中は全員ミノムシ状態本当は青葉城へ行って、伊達政宗と記念写真を撮ろうって盛り上がっていたんだけど、予定カットで、やっぱり、仙台に来たからには牛タンは食べておきたくて、牛タンの元祖「太助」に行ってランチ20090302225049.jpg
やっぱり美味し~炭火で焼かれた肉厚の牛タンは絶品です仙台旅行20090220 016
飲みすぎて胃がもたれてても、ペロッと食べてしまいましたその後は、松島へ移動松島海岸に到着してからは、松島湾クルーズへ松島湾には大小さまざまな小さい島が点在していて、その島々を細かく巡るクルージング。島全てに名前も付いていて、形も自然の力で作り出されている造形美を感じるものばかりそんな、素敵な島々を見つつ、いさなたちはウミネコの餌付けに大はしゃぎ仙台旅行20090220 035
松島湾の中でも有名な「仁王島」も、ウミネコ餌付け最中に流し見してまった仙台旅行20090220 044
そんなクルージングの後は、五大堂へ。こn五大堂、海に突き出たところにあって、橋を渡って行くんだけど、その橋が間が空いてるのですよ高所恐怖症のいさなは、罰ゲームみたいで大騒ぎ橋を渡るだけで、精魂使い果たしてしまいました
その後その日の宿「ホテルニュー小松 好風亭」へ。海に面した、しっぽりした旅館。お風呂が素敵で本当に松島湾を一望出来るのですお部屋も海側でバッチリ松島湾を望めました仙台旅行20090220 056
松島湾を一望しつつお風呂へ浸かって、夕飯へ。ここは料理が美味しかった~夕飯はかまどで、自分達が選んだ4品を焼いてくれるのですいさなは、伊勢海老・牡蠣のグラタン・のどぐろ・豚肉の4品。実は牡蠣ニガテなんですけど・・・勢いがあるから、やっぱり美味しいとは思えず仙台は牡蠣も有名なんですよ泊まった宿の目の前には「牡蠣小屋」と言って、安い値段で牡蠣が食べ放題ってのもあるのです牡蠣はやっぱり、無理だったけど他のは本当に美味しくて胃が膨れ上がっても限界まで食べました白い御飯も、とっても美味しいんですよ~最後にきたから、「もう無理」って思ったけど、だいぶ食べちゃいました
さて、3日目。この日は朝日をお風呂から見たくて皆で早起き本当は、日の出の時間に貸切露天風呂を狙ってたのですが先約があり断念でも、大浴場からでもバッチリ見れました~穏やかな松島湾から上がるお日様は、本当に柔らかく、でも力強い光をいっぱい放ち、私達を照らしてくれました
その後は、美味しい朝ごはんを食べて、端厳寺へ。ここの杉並木がとっても美しい仙台旅行20090220 097
お寺の中も、とっても煌びやかで、繊細な細工もあり、本当に昔の日本人は技術と素敵な感性があったのだと実感端厳寺の次には、お隣にある円通院へ。ここは入ってすぐの所に縁結びの神様がいて、いさなもバッチリお祈りしてきましたそして、ここでは天然石で数珠を作る体験もしてきました。ず~っと、パワーストーンが欲しかったのでウレシイ体験しかも、この円通院でキチンとご祈願済みっていうのも、さらにパワーが増す気が作ったあとは、キチンと自分が選んだ石の意味も教えて頂きました。いさなのは・・・結構、意味を聞いて、納得する石を選んでましたよ仙台旅行20090220 114
さて、その後は、本当はもう一度、端厳寺へ戻って、見きれなかった場所を見たかったのですが、時間が足りないってことになり、またまたカット3日目にして、この旅行最大のお楽しみ、お寿司を食べに、いざ塩竃へ移動塩竃は漁港で有名な地でもあり、中でもマグロは絶品だという情報をいさなパパからもらってたのです行ったお寿司屋さんは「丸長寿司」。仙台旅行20090220 126
なんとこのお店のお向かいで、いさなパパは若い頃、仕事していたそうなここで食べたのが「塩釜まぐろづくし」仙台旅行20090220 129
これが、もう、ちょーーーーーーーーーーー美味しかった~ほっぺが落ちるって、このことを言うんでしょうね3人とも無言で、ものの10分もかからず食べ終わってしまいました大トロ2カン・ネギトロ・赤身・中トロ・あぶり・ビンチョウ2カンの6種類。大トロは、もうトロけてしまう美味しさ赤身も、関東のなんかより、断然美味しくて、マグロの味がしっかりしてて。一番ビックリしたのがビンチョウあまり期待していなかったので、一番初めに食べてしまったのですが、これがビックリ旨さだったの~食べ終わってからも、しばらく口の中はマグロでいっぱい次に塩竃に行く機会があったら、絶対にまた行きたいお店の1つです
お腹がいっぱいになったところで、塩竃神社へ。20090302225051.jpg
この神社、表参道から行くと、心臓破りの階段が200数段あるそうな仙台旅行20090220 133
しかも、けっこうな角度なので、高所恐怖症のいさなには、かなり厳しいしかも、この階段1段1段がビミョーに前下がりになっていて、しかも幅が狭い五大堂の間が空いた橋に続いて、いさなにとっては罰ゲームの道程でも、大人なので、頑張りまいしたよ~塩竃神社でお参りして、今年初のおみくじ引きました。いさなは末吉。ビミョーですねそして、また、地獄の階段を降り、疲れたところで、いさなパパお勧めのお茶屋さんへ。仙台旅行20090220 147
いさなパパがとっても食べたがっていた、そのお茶屋さんの「ずんだもち」も無事に手に入れて、楽しかった3日間の仙台旅行も終了
新幹線にダッシュで飛び乗ったり、電車に乗ってから、ガイドブック広げて路線と降りる駅確認したり、仙台に来てまで二日酔いになったり、ドタバタはあったけれど、本当にとっても、とっても、楽しい旅行でした大好きな人と、気兼ねなく、ゆるりと時間を過ごしましたキレイな景色と、キレイな空気と、美味しい物を堪能して、いっぱいいっぱい笑って、いっぱい喋って・・・本当にリフレッシュできました
旅先で出会った方々の優しい心遣いにもホッコリ柔らかい、そして懐かしさを感じる東北弁が耳に気持ちよかったです
仙台の空と、松島の海に大感謝
まだ、あの夢時間から抜け出せず、次は新緑の時に行きたいなぁと、すでに次の旅行計画を考えちゃう、いさななのでした

P.S. 長文、最後まで読んで下さった皆様、アリガトウございます  そして、このブログUPを楽しみにしてくれていた、お友達アリガトウやっと、UPできましたぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。