スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年3月11日

あの悪夢から1カ月経ちました。

皆様、お元気ですか?
お日様の暖かさを感じ
笑顔でいますか?

1カ月前のあの日。
いさなは大都会の真ん中にある
勤め先の会社におりました。
大都会のパニックを
目の当たりにしました。

いさな自身
毎日流れる
悲惨な光景に
胸がつぶれるように痛み
苦しくて
気がつくと
号泣していて・・・。

そして1歩
外に出ると
形相を変えて
少なくなっている
食材を買い占めている人々に直面し
苛立ちと情けなさを感じ
そんな毎日で
心のバランスが
崩れかかったり・・・。

さらに
いさなパパが宮城県塩釜市。
いさなママが宮城県仙台市。
今回、被災した土地の出身ということもあり
多くの親類、知り合いが
被災しております。

親戚においては
津波の被害に遭い
命は取り留めたものの
家も家財も全て
一瞬で流されてしまいました。
逃げる際に
津波の水に
浸かったそうです。
自分の後ろは
たくさんの人が津波にのまれ
地獄絵のようだったそうです。

今も
余震が続いてます。
ここ東京でも
大きい揺れを感じてます。


なぜ自分が
このように記し残しているのか。

自分に何ができるのか。

毎日
答えを探している自分がいます。


同じ東京で
同じように
あの日を迎えていても
抱え方、捉え方、感じ方、受け方、考え方・・・
全く違う人たちもいて
正直
戸惑いと、悲しさと・・・
言葉にするのは難しい
心の距離感を感じてしまいます。

こんな風に
言葉にすることで
自分の心の整理をしてるだけかもしれません。
本当に
私情なブログになってしまってるのかもしれません。


でも
あんな悪夢のようなことがあったことは
残しておきたいと思う。

これから
自分にできることを
模索しながら


生きていることに
心から感謝して
今を
大切に大切に

感じてることを
抱きしめて
毎日を
一瞬一瞬を
踏ん張りながらでも
笑顔で
過ごしていきたいなぁと
心から
心から
想います。

自分のチカラは
ちっぽけでも

被災していても
笑顔で踏ん張ってる
親戚や友達の
チカラになりたい。


心から
そう思う
最近の いさな なのでした。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。